バス・トイレ別は必須?私が3点ユニットバスで生活した時のお話。

お風呂とトイレが一緒の部屋に4年間住んでました。

お部屋探しで常に1位に君臨している希望の条件。それが「バス・トイレ別」です。今は約80%くらいの人が、バス・トイレ別の物件に住んでいると言われています。

では、逆にお風呂とトイレが一緒(3点ユニットバス)の物件って、実際にどうなのでしょうか?

私は大学生の頃、3点ユニットバスのお部屋に住んでいました。その経験もふまえて、私の体験談とメリット・デメリットについて紹介したいと思います。

3点ユニットバス物件のメリット・デメリット

私が実際に経験して感じたメリット・デメリットをまとめました。

3点ユニットバスのメリット

メリット
  • 家賃が割安になる
  • その分、居住スペースが広かったりする
  • 掃除をするのが楽(1部屋で済む)
  • 3点ユニットバスへの耐性が付く

最大のメリットは何といっても、家賃が割安になること。これに尽きます。だいたい1万~1.5万円くらい違うので、年間で考えると12万~18万円もお金が浮きます。

3点ユニットバスのデメリット

デメリット
  • 誰かがお風呂に入っているとトイレに行けない
  • シャワーカーテンにカビが生じやすい
  • トイレットペーパーが湿りやすい
  • お風呂に入った後は、ジメジメしていてトイレの使用感が不快
  • ゆっくり湯船に浸かれない、リラックスできない
  • 換気扇を長い時間回さなくてはいけない
  • シャンプーなどの置き場所が狭い(シャワーラックは必須)

実際に3点ユニットバスで4年間を生活しましたが、決して快適ではありません。湯船にはほとんど浸かりませんでした。基本的にはシャワーの生活になります。

お風呂とトイレは別じゃないと、彼氏・彼女を部屋に呼べない?

彼氏・彼女を部屋にあげるとき、3点ユニットバスだと嫌がられるんじゃないかと心配される方もいます。

でも綺麗にさえしていれば、バストイレ別でもユニットバスでも気にならないと思います。私は気になったことありませんし、相手に何か言われたこともありません。

周にもユニットバスの部屋に住んでる子は結構いました。そのことが原因で彼氏・彼女と何かあったなんて、聞いたことありません。

むしろ、それくらいで嫌がられるなら、その程度の間柄だったんだなってことです。

長いこと彼氏がいない人間の説得力の無さよ。

うるさい、だまれ。

こんな人なら3点ユニットバスもありかも

  • とにかく家賃を安く抑えたい人
  • 基本的にはシャワーのみって人
  • そんなにお風呂が好きではない人
  • 掃除する場所を増やしたくない人
  • 今後のために、3点ユニットバスに慣れておきたい人
  • お風呂に入ってる途中で必ずトイレに行きたくなる人

3点ユニットバスの部屋で生活している人の比率は、社会人よりも大学生の方が多いです。やはり、金銭的に余裕がないので、家賃を抑えるためには仕方がないという場合もあります。

【体験談】4年間の3点ユニットバス生活で私が得たもの


本音を言うと、お風呂とトイレは別がよかった。


でもロフト付きとかいう要らない条件に魅了されていた当時の私には、


家賃を安く抑える手段として、3点ユニットバスを選ばざるを得なかった。


「きっと大丈夫。何も問題ないわ」


トイレとお風呂が一緒だからといっても、


決して用を足しながらシャワーを浴びるわけではないのだから。


実際に新生活が始まってみると、3点ユニットバスは予想以上に不便だった。


洗い場がないので、お湯を張った状態で体が洗えないのだ。


お湯を溜める→お湯に浸かる→お湯を抜く→髪と体を洗う→シャワーで流す


最初の頃はお湯を溜めて浸かっていたけど、窮屈でリラックスできない。


結局めんどくさくなって、シャワーだけ浴びることが多くなった。


残念な点は他にもあった。


こまめに掃除しないと、シャワーカーテンにすぐカビが生える。


換気扇をフル稼働させないと、トイレットペーパーが湿る。


お風呂の後にトイレに行くと、湿気が多いので非常に不快。


などなど。困ったものである。


ただ驚くことに、いつの間にか私はその環境にすっかり慣れてしまった。


決して満足しているというわけではない。


お風呂とトイレが一つの空間にあることが、当たり前になってしまったのだ。


よく考えてみれば、3点ユニットバスにも良い点がある。


まず、トイレ掃除もシャワーで一緒に丸ごと洗い流せるのですごく楽。


そして、3点ユニットバスへの耐性がつく。


欧米とか海外ではお風呂とトイレが一緒なのは普通だし、


今後のためにも、そういった環境に慣れておくことは大事かもしれない。


(ちなみに私が海外に行ったのは高校の修学旅行での一度きり。今後行く予定もない)


何よりも、お風呂とトイレが別の物件に比べて家賃が安かったことが一番大きい。


(その節約できたお金がどこに消えたのかは全く覚えていない)


※今現在はお風呂とトイレが別になってるお部屋に住んでいます。


最後に一言

たまに実家に帰った時の、お風呂にゆっくりと浸かれる幸福感がすごい!