【一人暮らし】スーパーで上手に買い物して節約するための8つのポイント

コンビニも便利だけど、やっぱりスーパーが安い!

私の場合は週に一度スーパーに行って、1週間分の食材をまとめ買いするようにしています。

そして、どうしても自炊したくない日だけ、仕事帰りにスーパーに寄ってお惣菜を買って帰ります。

1週間分の献立とか、考えるのも大変なので特に決めてません。

ガッツリ節約ってわけじゃありませんが、毎月3万5千円かかっていた食費を2万円まで節約することができるようになりました。

そんな感じで”ゆる~く“節約したい一人暮らしの方のために、私なりのスーパーの買い物術を紹介していきたいと思います。

スーパーで無駄な買い物をしないための8つのポイント

1.1週間の予算(食費)を決める

私の場合だと1ヵ月2万円を食費として考えているので、使えるお金は1週間で約4700円です。

仕事の日のお昼は自炊をしないので、5日分の2000円は昼ご飯代として差し引きます。

そうなるとスーパーで買い物できる金額は、私の場合1週間で約2700円になります。

たまにお惣菜に頼ることもあるので、そのことも考えながら計画的に買い物します。

2.誰かと行かない

例えば、恋人と一緒に買い物したり、学生さんであれば友達と一緒に買い物することもあると思います。

そうすると別に欲しくなかった物でも、相手が買っている姿を見て”つられ買い“してしまうことがあります。

誰かと一緒に買い物するのは楽しいけど、節約のためであれば一人で黙々と商品を選んだ方が良いかもしれません。

3.お腹が空いている時には行かない

週に一度のまとめ買いでスーパーに買い物に行くときは、基本的にお腹が空いている時には行かないようにしています。

お腹が空いているだけで、あれもこれも欲しくなって余計にお金を使ってしまうんです。

惣菜を買うときは他は見ない

私の場合は自炊をしたくない日、仕事帰りでお腹が空かせてスーパーにお惣菜を買いに行くこともあります。

その時はお惣菜コーナーに一直線に向かって、他の商品は一切見ないようにしています。

週に一度のまとめ買いで必要な物は購入しているので、余計なお金を使わないためにも自分に言い聞かせてます。

4.買い物をする順番に気をつける

大手のスーパーって大体「野菜・果物→お肉・お魚→お惣菜」の順に移動するように整列されていると思います。

これはお客さんの購買意欲に沿った売り上げを伸ばすための並びになっているんです。

野菜や果物はついつい必要のないモノまで買ってしまうので、たくさん買ってもらえるように、カゴがまだ空っぽときに選んでもらえるように並べてあります。

最後に並べてあるのお惣菜は、美味しそうなモノがあればオマケ感覚で買ってしまう人が多いんです。

まず全体を1週してみる

まずカゴには何も入れずに、全体をグルッと1週してみます。それで「今日はこれが安いんだな~」っていうのを大まかに把握しておきます。

最初に”お肉・お魚”をカゴに入れる

全体を把握したら、最初に”お肉・お魚”コーナーに向かいます。そして特売されている肉や魚があれば、ある程度まとめ買いします。

料理のメインとして使う食材なので、しっかりと冷凍保存すれば余らせて困ることもありません。

ただし、まとめ買いと言っても買うのは1週間分です。いくら冷凍保存といっても、それ以上は品質が劣化していくので止めておきます。

毎日に欠かせない食材をカゴに入れる

次は毎日の生活で欠かせないと思う食材をカゴに入れます。

私の場合だと、牛乳、卵、パン、パスタ、グラノーラなど、間違いなく食べるであろう食品をカゴに入れていきます。

“野菜は後で”必要な分だけカゴに入れる

野菜は傷みやすいので、買った”お肉・お魚”で作る料理をイメージしながら、必要な分だけを購入するようにしてます。

多めに買って冷凍保存するという方法もあるけど、やっぱり野菜はすぐに調理して食べた方が美味しいです。(汁物なら冷凍野菜もありかも)

5.まとめ買いは必要な物だけにする

1週間分まとめ買いするときは「必要になるかもしれない」ではなく、「必要な食材だけ」を”まとめ買い”します。

特に賞味期限が短い食材は、使いきれずに腐らせてしまうことが多いです。

賞味期限が長くても、調味料なんかは安いからといってまとめ買いすると、使いきれずに期限が切れてしまうことがよくあります。

6.特売品だからという理由だけで買わない

チラシやスーパーの店内で目を奪われてしまうのが”特売品“の文字です。

普段よりも安いので、ついつい購入したくなりますが、値段の安さだけを考えてしまうと結果的に節約にならないことが多いんです。

もちろん、必要な物であればお得です。でも買わなくていい物であれば、どんなに安くてもお金は減ってしまいます。買わなければ出費は0円なんです。

7.ネットスーパーも使ってみる

例えば、お酒やペットボトルの水とかは、ネットでまとめ買いした方が安いこともあります。

私の場合は、芋焼酎「黒霧島」をネットでまとめ買いしています。うちの近所のスーパーだと、ネットでまとめ買いした方が安いんです。

あと、よく行くスーパーで芋焼酎を買うのがちょっぴり恥ずかしいっていうのもあります…。

8.スーパーでの買い物は割引きシールを狙う

スーパーでは夕方過ぎや閉店間際になると「3割引シール」「半額シール」が貼られることが多いです。

スーパーによってシールを貼る時間(タイミング)が決まっているので、その時間に買い物できるのであればお得になります。

私は仕事帰りで自炊をしたくない日に、スーパーでお惣菜を買うときは、必ず割引きシールを狙って購入するようにしています。

節約で一番大事なのは、誘惑に負けない”意志の強さ”

お菓子コーナーには入らない方がいいんだにゃ

私のおすすめ!コスパの良い食材リスト

スーパーで買い物するときに、個人的にオススメなコスパの良い食材を紹介します。

一人暮らしで「自炊を始めようかな」と思ってる方の参考になれば幸いです。

    ※価格相場は、私の住んでる地域のスーパーに行った感覚によるものです。

「完全栄養食品」とも言われていて、様々な料理にも使える便利な食品。

特売日だと1パック(10個入り)が100円近くで買えることもあります。

一人暮らしだと「賞味期限内に1パック使いきれない」って人もいるかもしれませんが、あれは生で食べる場合の期限なので、じゅうぶん火を通せば安心して食べることができます。

(参考:一般社団法人 日本養鶏協会公式サイト

作れる料理

    丼物、卵料理、スープ、サラダなど

価格相場

    1パック(10個入り)で約110~220円くらい

パスタ

安く購入すれば、1食25円程度で食べることができます。

ただし、市販のソースを買うと高くつくので、自分で作って冷凍保存するのがオススメです。

調味料だけで味付けすることもできるし、ネットでのレシピも豊富なので、一人暮らしの節約には強い味方です。

作れる料理

    トマトソース、ミートソース、カルボナーラ、サラダなど

価格相場

    100g当たり約25~70円くらい

冷凍うどん

パスタと同じく、コスパが良いのが冷凍うどん。

私がヒガシマルのうどんスープの素を使ってますが、それが1袋当たり約25円くらい。

麺と合わせても1食50円程度で食べることができます。調味料が揃ってて自分で出汁を作れればもっと安くすみます。

作れる料理

    普通のうどん、カレーうどん、焼うどん、サラダうどんなど

価格相場

    1玉当たり約25~50円くらい

鶏むね肉

お肉の中でも、安く手に入ってコスパの高い鶏むね肉。私は特売日にまとめ買いしてしています。

後で料理が楽になるように、下味をつけてから冷凍保存したり、茹でてから冷凍したりします。

作れる料理

    肉料理、サラダ、炒め物、ポトフ、スープなど

価格相場

    100gあたり約50円~100円くらい

豚ひき肉

鶏肉ばかりでは飽きてしまうので、そんなときは豚ひき肉を購入します。

こちらも特売日にまとめ買いして、下味をつけてから冷凍保存しています。

作れる料理

    ハンバーグ、そぼろ丼、肉味噌炒め、麻婆豆腐、餃子など

価格相場

    100gあたり約80円~160円くらい

キャベツ

野菜の中でも色んな料理に使いやすくて重宝します。

ただ野菜全般に言えることですが、価格の乱高下が激しい…。

その時期の価格に合わせて、レタスや白菜を使うこともあります。

【参考動画】野菜の冷凍保存

作れる料理

    サラダ、炒め物、ポトフ、スープなど

価格相場

    1玉100円~300円くらい

納豆

3パックで100円前後で売られています。安いときは3パック60円で売ってることも。

栄養価も高いけど、それほど日持ちはしません。あと好き嫌いが分かれる食材でもあります。

作れる料理

    そのまま食べる、納豆パスタ、納豆チャーハンなど

価格相場

    1パックあたり約20~40円くらい

豆腐

栄養価も高く、何か1品おかずを追加したいときにも便利。

私はよく3個パックで100円くらいの物を買っています。

作れる料理

    醤油をかけて食べる、豆腐サラダ、豆腐丼、スープなど

価格相場

    1丁あたり約30円~100円くらい

もやし

昔から安い食材の代表的な存在ですが、最近は少し値段が上がりつつあります。

それでも1年中安く買えるのは嬉しいけど、傷みやすいのが難点。

作れる料理

    炒め物、ナムル、スープ、サラダなど

価格相場

    200gで約20~60円くらい

トマト缶

色々な料理に使える万能な缶詰です。パスタのソースも作れるし、簡単なリゾットも作れます。

たとえ使いきれなくても、別の容器に移し替えて冷凍保存すれば大丈夫です。

作れる料理

    ソース、スープ、リゾットなど

価格相場

    1缶で約60~100円くらい

バナナ

私は朝ご飯として、バナナを食べることが多いです。

果物の中でも特に安いですし、栄養価も高いのが魅力。

ただ痛むのも早いので、できるだけまだ熟してないのを選ぶようにしてます。

作れる料理

    そのまま食べる、バナナジュース、冷凍バナナなど

価格相場

    1本当たり約30~80円くらい

フルーツグラノーラ

こちらも朝食用。だいたい50gが50円くらいで売ってあります。

朝からガッツリ食べれるタイプじゃないので、量的にも私には丁度いいです。

作れる料理

    牛乳をかけて食べる

価格相場

    1食(50g)で約50円くらい

食パン

朝食はバナナ、フルグラ、食パンの3パターンで気分によって変えています。

食パンだと、1枚あたり20円くらい。これにバターを塗ったり、スライスチーズを乗っけてトーストしたりします。

作れる料理

    バタートースト、チーズトースト、卵トーストなど

価格相場

    5枚入りで約100円(1枚20円)くらい

最後に一言

スーパーを上手く活用できるようになれば、食費はかなり抑えられるよ