一人暮らしにソファーは要る?いらない?座椅子やクッションもあり?

インテリアの写真とか見ると、ソファーに憧れちゃうよね

これから一人暮らしを始める方で、ソファーのある部屋に憧れている人も多いと思います。

ベッドに合わせて選んだり、部屋全体の配色を考えてイメージしたり、住む前からワクワクしてしまいますよね。

でも、一人暮らしでは多くの人が「必要なかった」と言っていることも一つの事実。

私が独自に調べた結果、要らないものランキングの1位は「ソファー(25票)」でした。

ちなみに2位は「テレビ(23票)」で、3位は「掃除機(22票)」です。

その主な理由は「部屋が狭くなる」ということ。一人暮らしの場合はワンルームが一般的なので、一軒家に比べると置くスペースが足りないんです。

今回はソファーのメリット・デメリット、座椅子やクッションについて、私がソファーを買った体験談を紹介していきます。

ソファーのメリット・デメリット

ソファーのメリット

部屋がオシャレな雰囲気になる

他の家具や配色など組み合わせにもよるけど、ソファー自体に存在感があるので部屋の印象をガラッと変えやすいのが魅力。

来客時の対応が便利になる

ベッドに座ってほしくなかたり、地べたに座ってもらうのは気が引けるって人もいるかもしれません。

ソファーがあると、誰かが来たときに気楽に座ってもらいやすいです。さらに、急なお泊りのときにソファーをベッド代わりに使うこともできます。

生活の質が高いような気分になれる

疲れて家に帰ってきたときに、ゆったりとくつろげるソファーがあると、気分的に落ち着けるっていうのはあります。

それなりに良い生活をしている感覚に浸ることもできます。

立ち上がるのが楽

ローソファーだと座椅子やクッションとあまり変わりませんが、ある程度の高さがあるソファーだと立ち上がるのが楽になります。

一緒にくつろぎやすい

例えば恋人がいたり、ペットを飼っているのであれば、ソファーがあると隣で一緒にくつろぎやすいです。

ソファーのデメリット

部屋が狭く感じるようになる

ソファーがあると部屋が狭く感じてしまいます。

家具屋さんとかで見ると、そんなに大きくは感じないかもしれませんが、それはお店の天井が高いからです。

もしソファーを置くなら、部屋の広さは8畳以上はあった方がいいと思います。私は6畳でソファーを買いましたが、歩くスペースがほとんど無かったです。

費用が高くなる

座椅子やクッションに比べると、ソファーの方が購入費用が高くなってしまいます。

安いソファーもありますが、座り心地は値段相応だと思っておいた方がいいです。

掃除がしにくい

ソファーの下とか掃除しにくいですし、ソファー自体もきちんとお手入れが必要。

特に布張りのソファーだと、汚れは落ちにくいし、ダニとか雑菌が繁殖しやすいです。

少なくとも、スティックタイプの掃除機くらいは必要になると思います。

引越しや捨てるときが大変

サイズが大きいので、引越しの際の運搬が大変です。業者さんに頼むとしても、大きいぶん料金が高くなります。

さらに要らなくなって処分するにしても、回収してもらうための費用がかかってしまいます。

高さが合わないことがある

ソファーの前にテーブルを置いたとき、座る高さとテーブルの高さが合わなくて使いづらいことがあります。

例えば、一人暮らしだとローテーブルやこたつテーブルを使う人が多いですが、これらに高さのあるソファーはオススメしません。

ご飯を食べるときや、テーブルで何かをするときに、前のめりになってしまいます。逆に疲れます。

一人暮らしか家族暮らしかでも、ソファーへの印象も変わってくるんだにゃ。

おばあちゃんの家にあるソファーとかすごい好きだったな。

ソファーを買うなら実物を見てから

ソファーでそれなりに良い物を買おうとすれば、座椅子やクッションと違ってお金がかかります

仮に座り心地が悪かったり、イメージと全然違った場合など、座椅子やクッションと違って処分するのも大変です。

インターネットでも簡単に購入することはできますが、基本的に良さそうなことばかり書いてあります。その商品を売らなくちゃいけないからです。

長く生活を共にする家具なので、実際にお店に行って座り心地手入れのしやすさテーブルとの高さは丁度いいか、など自分で納得して選ぶことをオススメします。

そんな私も昔に通販で買いました。物凄く後悔しました。

ソファーベッドってどうなの?

ソファーには、ベッドとしても使えるソファーベッドというものがあります。

いっけん便利そうに聞こえますが、どちらの目的で使うにしろ中途半端な事が多いです。

例えばソファーとしても使う物なので、クッション性は硬めになります。そのためベッドとして使用した時、寝心地はあまりよくありません。

ベッドとして使用するときは上から布団をかけますが、ソファーにした時は邪魔になるのでその度に布団を片付けなければいけません

さらに、私のようなズボラで面倒くさがりの人は、ベッドからソファーに切り替えること自体が億劫になり、ずっとベッドの形のままって事も…。

個人的には、ベッドはベッド、ソファーはソファーの方が良いと思います。

座椅子やクッションを選ぶメリット・デメリット

ソファーの代わりに使用するなら、座椅子やクッションを選ぶことになります。

座椅子・クッションを選ぶメリット・デメリットは以下のような感じです。

デメリット
  • 部屋が安っぽく感じてしまう
  • ソファーよりも立ち上がるのが大変
  • 来客用にもう一つ欲しくなる
メリット
  • 場所を取らない、部屋を圧迫しない
  • ソファーに比べて価格が安い
  • ローテーブルに合う
  • 掃除がしやすい
  • 足を伸ばして座れる
  • ソファーよりも運搬や処分が楽

ソファーに比べると高級感はないので、部屋自体が安っぽく見えるかもしれません。

ただ、一人暮らしであればそれほど来客は多くないですし、部屋の見た目に関しても生活していればそのうち慣れてしまいます。

生活のしやすさコストパフォーマンスを考えると、座椅子やクッションでも十分だなと私は思っています。

個人的には、背もたれのある座椅子の方が好き。

【体験談】ソファーを購入したときの話


社会人になって仕事にも徐々に慣れてきた頃。


私は自分の生活に、なにか変化をつけたくなった。


「できる女性」とか、そういったモノに憧れていた。


そして私は一つの答えを導き出した。


「そうだ、部屋にソファーとか置いたら仕事できそうな雰囲気でるじゃん!」


善は急げと、すぐにネットで良さそうなソファーを探し始めた。


「優雅なひと時を共に。本物を求める方に贈る大人のソファー」


そんな風なキャッチコピーを見て「これだ!」って思った。


勢いでポチった。


ソファー自体は何の問題もなく届いた。


届けてくれた運送業者の方も、爽やかな感じで悪くなかった。


でも、ソファーが届いて最初に感じたことは、


「思ってたよりデカっ!」


ってことだった。実際に置いてみると、


「うちの部屋ってこんなに狭かったっけ?」ってなった。


(※その時に住んでいた部屋は6畳)


もう歩くためのスペースは、ほとんど残されていなかった。


座り心地はいたって普通。


商品の質自体には別に文句はなかった。


問題は、ソファーとテーブルの高さが合っていないこと。


テーブルが低い(ローテーブル)ので、


ご飯を食べるときは、前のめりになって食べなくちゃいけない。


これは全く予想していなかった。


結局どうなったかというと。


ご飯を食べるときは、ソファーの前(地べた)に座って食べるようになった。


ソファーには脱いだ服や、バッグが置かれるようになり、


“片付けないと座れない”という状況に追い込まれた。


そして、慎重に検討した結果、


「私にはソファーは要らなかった」という結論に達した。


辛いのは、処分をするのにもお金がかかってしまうということ。


私の場合は2,000円弱のお金を取られた。


ソファー自体がダメってわけじゃないけど、


買うんなら広い部屋に引越した時にしようと心に決めた。


今の一人暮らしであれば、私には座椅子の方が合っている。


現在、私が使っている座椅子の紹介

私は今現在、ソファーではなく座椅子を使っています。


友達が来たときの簡易ベッドとしても使えるように、大きめでゆったりできるサイズを選びました。私はオリーブのカラーを購入。

ただ座り心地が良いので、あまり動きたくなくなるのが難点かも…。

最後に一言

そもそも、ソファーがあっても一緒に座る相手がいないから悲しい