布団とベッドどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットと体験談

これから一人暮らしをする方で、「布団とベッドどっちにしようかな?」と悩んでいる人も多いと思います。

私はどっちも経験しましたが、その人の性格にもよるのかなというのが率直な感想です。

今回は布団・ベッドそれぞれのメリット・デメリット、どんな人にオススメなのか、私の体験談も含めて紹介していきます。少しでも参考になれば幸いです。

布団とベッドのメリット・デメリットとは?

布団で寝ることのメリット・デメリット

メリット
  • 洗ったり干したり手入れがしやすい
  • ちゃんと畳めば部屋を広く使える
  • 高さがないので落ちる心配がない
  • 比較的に低価格で揃えられる
  • 引っ越しするときが楽になる
デメリット
  • 毎日布団を畳むのが面倒くさい
  • 低価格の布団だと寝心地は良くない
  • 寝るときにホコリの影響を受けやすい
  • ちゃんと手入れしないとカビが生える
  • 布団を収納する場所が必要になる

それほどお金がかからずに、手入れもしやすいのがメリット。一方で敷きっぱなしにしていると、通気性が悪いのでカビが生えてしまいます。

ベッドで寝ることのメリット・デメリット

メリット
  • 布団に比べるとホコリの影響を受けにくい
  • 毎日畳まなくていい。すぐ眠れる
  • 高さがあるので立ち上がるのが楽
  • 収納ベッドだと収納場所が増える
  • 自分に合ったマットレスを選びやすい
デメリット
  • 圧迫感があり、部屋が狭く感じる
  • あまりに寝相が悪いと落ちる
  • ベッドの下とか掃除がしにくくなる
  • 布団に比べると費用が高くなる
  • マットレスの手入れがしにくい
  • 引越すときの解体や処分が大変

まず畳まなくていいのが楽。ベッドだと、硬め・柔らかめ・低反発など、自分の好みに合わせてマットレスを購入できます。ただ部屋は狭く感じるようになります。

布団とベッドはそれぞれどんな人にオススメ?

布団がオススメの人
  • こまめにメンテナンスができる人
  • 布団を畳むのが面倒ではない人
  • 長期間そのお部屋に住む予定がない人
  • 部屋を広く使いたい人
  • 寝具への予算が少ない人

毎日の布団の上げ下げが苦じゃなければ、部屋を広く使うことができます。きちんとメンテナンス(洗ったり干したり)できるのであれば、カビに悩まされることもないでしょう。

部屋も清潔にしてれば、ホコリによる影響も少ないですし、キレイ好きな人にとってはメリットの方が多いとおもいます。

もし風通しの悪いアパート・マンションで布団を選ぶのであれば、布団の下に除湿シートを敷くことでカビを防ぎやすくなるのでオススメです。


ベッドがオススメの人
  • 毎日布団を畳むのが面倒な人
  • アレルギーがあったりホコリが気になる人
  • 硬い寝床が苦手な人
  • 寝具をインテリアとしても楽しみたい人
  • 普通の人よりもズボラだと自覚のある人

こまめに手入れができない人には、ベッドの方がオススメです。ベッドだと高さがあり下を風が通るので、敷きっぱなしの布団に比べてカビは生えにくいです。

特に朝はできるだけ寝てたいとか、仕事から帰ってきてすぐ横になりたいという方は、畳む必要がないベッドが楽です。

とはいっても、ベッドには様々なタイプがあります。フレームの高さや形状によって、通気性や掃除のしやすさが大きく違ってきます。

布団とベッドどっちがいい?

きちんと手入れができる人なら布団の方がいいかもしれませんし、私のようなズボラな性格の人ならベッドの方が楽かもしれません。

どっちがいいのかは、使う本人次第だと思います。様々なアンケートを見ましたが、布団派とベッド派の比率はほぼ半々で、世代が若い方がベッドの使用者が多いようです。

布団だろうがベッドだろうが、ちゃんと手入れするのが一番だにゃ

分かってるんだけどね…。難しいよね…。

【体験談】布団とベッドそれぞれの生活

布団での生活(大学生時代)


大学生の頃は布団で生活していた。


部屋が6畳でわりと狭かったから、


ベッドよりは布団の方がいいだろうと考えていた。


最初の頃は何も問題なかった。


部屋もキレイにしていたし、


ちゃんと布団も畳んでいた。


でも、ズボラな私にその生活が長く続くことはなかった。


1ヵ月もすると部屋は次第に散らかりはじめ、


布団は敷きっぱなしになった。


人が来る予定がなければ布団をどかすことはないし、


普通に布団の上を歩いて移動する始末。


しばらくそんな生活を続けていると、


案の定、布団にカビが生えていた。


ウワァ…、ってなってすぐに買い換えた。


そしてまた、同じことを繰り返す。


ズボラな私には、どうしても毎日布団を畳むことができない。


面倒くさいという感情が勝ってしまう。


そうやって汚部屋で生活した4年間でした。


ベッドでの生活(新社会人)


新社会人になって引越すとき、


私の性格上、布団はダメだということは理解していた。


なので潔くベッドを購入することにした。


買ったのは収納付きのベッド


部屋は相変わらず6畳だったので、


圧迫感はそれなりにあった。


でも狭い場所が嫌いなタイプじゃないので、


そんなには気にならなかった。


フレーム部分が「すのこ」になっている通気性の良いやつで、


マットにカビが生えることはなかった。


ただ、そのせいで寝るときにギシギシと音がするのが難点。


大きく変わったのは、


前よりも部屋が散らからなくなったこと。


布団を敷きっぱなしにしてた頃は、


他のところが散らかってても気にならなかった。


あえて多少散らかっている方が、


敷きっぱなしの布団とのバランスがとれている感じだった。


でもベッドにしてからは、ある程度高さがあるので、


床に物が置いてあると気になるようになった。


部屋が以前のように散らかることはなくなった。


ただこれは、ベッドに変えたからというよりも、


大学時代のの汚部屋の経験が、


黒歴史として自分の心に焼き付いているからなのかもしれない。


現在の私が使っているの寝具の紹介

現在の私は無印の脚付きマットレスを使っています。

ベッドパッドを上にのせてボックスシーツをかけていますが、カビが生えることもなく快適に睡眠できています。

サイズはもちろんですが、脚の高さも選べますし、柔らかめ(ポケットコイル)硬め(ボンネルコイル)の2種類のタイプが販売されています。

とは言ってもそれなりに値段はするので、「もっと安いのがいい!」って場合は、amazonとか楽天で「脚付きマットレス」を検索してみると見つかると思います。

最後に一言

今は手入れも少なくて済むし、ぐっすりと眠れるから満足