【一人暮らし】私が行った12の防犯対策。空き巣未遂に遭遇した話。

まさか自分のところに来るなんてね。

みなさんは、一人暮らしの防犯対策はきちんとしていますか?

少し前の話になりますが、居留守を使っていたら少し怖い出来事がありました。

今回はそのときの体験談と、私が現在行っている防犯対策について紹介したいと思います。

【体験談】これって空き巣未遂?的な話


2階のベランダ付のお部屋に住んでいた時の話。


インターホンで「宅配便で~す♪」って言うから、


なんだろう?と玄関開けたら、


「この布団、今なら13万円です!今回だけ特別ですよ♪」


よくあるウザい訪問販売。


その一件があって、突然の訪問者には


しばらく居留守を使っいてた。


とある仕事がお休みの日に、インターホンがなった。


宅配便や知り合いが来る予定もなかったので、


いつものように居留守を使ってスルーした。


ただ、その日のインターホンはいつもと様子が違った。


だいたい勧誘とか訪問販売とかって、


来ても1週間に1~2回程度で、1日に何回も来ることはない。


ただその日は、午前11時くらいに何度もチャイムがなった。


出るのが面倒くさいというか、私はまだ布団の中でウトウトしていて、


まだ寝足りないんだよー、早く帰れよー、と居留守を決め込んでいた。


すると、しばらくして今度はベランダのガラスに、


「カツン」と何かが当たる音がした。


小石を投げ当てられている感じ。


最初は近所の子供のイタズラだと思っていた。


でも急に不安になってカーテンの向こうをこっそり覗くと、


知らない男がまさに、ベランダによじ登ろうとしていた。


えっ誰・・・空き巣!!?


私は完全にパニックになって、


震える手で友達に電話をかけた。


「いまなん、べらんだぁ!なんかおとこがぁおうお!」


「ちょっと何言ってるかわかんないです」


友達はとりあえず冷静になれと言う。


必死に現状を伝えると、


「何か武器になるものを!」


と、友達はアドバイスしてくれた。


私は買っておいた催涙スプレーを右手に持ち、


ベランダの窓に向かって構えた。


さらに、相手を威嚇するように奇声を上げた。


「だぁあいっ!ひっく、うおぉお!あたしゃ、おるよ!!」


5分くらい、そうしてたけど何も起きなかった。


そっとカーテンの向こうを覗いても、人の気配はもう無かった。


最初に電話したときに大声で話したので、


人がいるのに感づいてすぐに逃げたんだと思う。


怖かったから、警察にも電話した。


簡単に現場検証があって、


「戸締りには気をつけてね」とのことだった。


物凄くあっさりしていた。


結局その日は友達に泊まりに来てもらった。


ずっと慰めてくれた。本当に嬉しかった。


正直、自分は大丈夫だろうという甘い考えがあった。


オートロックだからといって油断している部分もあった。


それ以来、ベランダ付きに物件には住んでないし、


防犯対策のグッズも、かなり買い込んだ。


今のところ、その後は何も起きていません。


何も取られてないけど、絶対に空き巣だったと思う。

こんなときは空き巣に要注意!

郵便物や新聞がたまっている

「どうせまともな郵便物なんてないし、取るのが面倒くさい!」とチラシなんかをため込んでいると、留守だと思われて空き巣に狙われる可能性が高くなります。

いらない郵便物はこまめに捨てて、郵便受けは空っぽにしておきましょう。

普段見かけない人がよく現れる

マンションやアパートの前に、全く知らない人が同じ場所を行ったり来たりしてたり、部屋の様子を窺ってたりするとかなり怪しいです。

そのマンションやアパートが空き巣に目を付けられている可能性があるので十分に注意してください。空き巣の恰好は普段着だけじゃなく、スーツや作業着も多いです。

急にインターホンの回数が増える

不自然にインターホンが何回も鳴らされたり、1週間で鳴るインターホンの回数が以上に増えたなと感じるときは、空き巣が下見を行っている可能性があります。

知らない人に玄関を開けるのはNGですが、不自然な時は居留守ではなく、インターホンで間接的に対応した方が安心かもしれません。

ガラスに小石を投げつけられる

私がされたように、空き巣はベランダから侵入を試みるとき、最終確認として小さな石を投げつけて不在を確認する場合があります。

強い風も吹いていないのに、「カツン」と小石が当たるような音がしたら注意が必要です。ただし、うかつに窓を開けてはいけません。危険です。

窓越しに、大声を出したり、防犯ブザーを鳴らしたり、強い光を当てたり威嚇して追い払いましょう。

マーキングされてないかチェックする

「WS(女性の一人暮らし)」とか「1018(10時~18時まで不在)」とか、表札や電気メーターにマーキングされてないかチェックしましょう。うちは「SR」と書かれてました。

もし見つけたらすぐに消しましょう。除光液を塗ってから、数10秒後にティッシュで拭くと取れました。念のため消す前に写真を取っておくといいかもしれません。

私が実際に行った12の防犯対策

空き巣未遂の一件があってから、以前よりも防犯意識を高く持つようになりました。以下のような対策をするようになって、今のところは何も被害にはあっていません。

部屋を借りるときは慎重に選ぶ

ベランダ付の物件はやめました。簡単に2階に上りやすかったり、窓が死角になっているような物件も避けるようにしています。

インターホン・ドアにモニターを付ける

物件を選ぶ時は、オートロックでもモニター付きのインターホンが付いていなければ、オートロックではないモニター付きの物件を選ぶようにしています。

付いていなければ、管理会社や大家さんに自分での取り付けがOKなのか確認します。モニターを選ぶ時は、必ず録画機能が付いているものを選びます。

窓ガラスの防犯フィルム

外から侵入できそうな窓ガラスにはすべて貼ってあります。これを貼れば窓ガラスにかなりの衝撃を与えても、簡単には破ることができないというものです。

空き巣は侵入に時間がかかるのを嫌うので、犯行を諦めさせる可能性が高くなります。

窓に補助鍵をつける

ないよりはあった方がいいということで、レールに取り付けるタイプの補助鍵を使っています。賃貸のお部屋なので、跡が残りそうな両面テープのやつはやめました。

玄関の鍵を交換する

大学生、新社会人のときの部屋の鍵は、防犯性の低いシリンダーキーでした。空き巣未遂の一件があってから、鍵はディンプルキーに交換しました。

ドアスコープの覗き見防止

ドアスコープには、外からの覗き見防止のグッズを貼り付けています。

洗濯ものは室内干し(ベランダはやめる)

もし女性の一人暮らしでベランダに洗濯物を干してるのであれば、男性物を一緒に干して一人じゃないアピールをすることは効果的です。

私は場合はベランダ付の部屋に住んだのは1回だけで、防犯というよりも単純に面倒くさいので、最初から洗濯ものは室内干しオンリーです。

カーテンの色を変える

カーテンの色は淡いブルーから、女性っぽくない濃いブラウンに変えました。

人通りの多くて明るい帰り道を選ぶ

帰宅するときは、たとえ近道であっても暗い道は避けるようにしています。できるだけ数パターン帰り道を用意して、変な人につけられにくいようにしています。

エレベーターに一緒に乗るのは避ける

知らない男の人がエレベーターに乗り込もうとしてきたら、ポストを見忘れたフリをして一旦出ます。知り合いでもなければ、エレベーターは極力1人で乗ります。

少しの外出でも必ず鍵を閉める

ゴミ出しとか、ちょっと外に出るときでも必ず鍵を閉めます。友達でゴミ出しの5分間くらいで空き巣の被害にあった子がいるので怖いです。

「行ってきます」と「ただいま」

部屋に出入りするときは「行ってきます」「ただいま」で、一人暮らしではないことをアピールします。

最初は言うのが恥ずかしかったけど、今ではすっかり慣れて「今日は苦手な上司に絡まれて最悪だったよー」とか続けて独り言を発しています。

最後に

何かあってからでは遅いです。これから一人暮らしする方や、また対策してない方は、きちんと防犯対策をしておくことをオススメします。

特に同じ女性の方は、空き巣以外にも変な輩が多いので気をつけてください!

私は被害もなく無事だったので、ホント運がよかったです。