一人暮らしにオートロックは必要?私が実際に住んでみて感じた事。

オートロックについて話します。

オートロックといえば、昔はバス・トイレ別に次いで人気の希望条件でしたが、今は以前ほど必須の条件とは考えられていないようです。

どちらかといえば、やはり女性の希望者が多いですが、セキュリティ性が完璧になるのかというと、そんなことはありません

私はオートロックの有り無しの、どちらのお部屋にも住んでいたので、体験談やメリット・デメリットについて紹介していきたいと思います。

オートロックなしの物件に住んでいたときの話

大学生の時は、普通のアパートに住んでたのでオートロックなんてありませんでした。訪問販売は最初の頃にけっこう来たりしました。

インターホンすらなかったので、最初の頃は普通に開けて対応してました。ただ面倒くさくなったので、その内アポなしの訪問者には居留守を使うようになりました。

結局4年間オートロックなしの部屋に住みましたが、私の場合は特に何か事件に巻き込まれるようなことはありませんでした。ベランダも無かったし、死角がない場所だったのがよかったのかもしれません。

オートロックへの憧れはあったあけど、学生時代は家賃的に無理っていうのもありました。

オートロックの物件のメリット・デメリット

社会人になってオートロック付きに物件に住んで、良かったなと思うこと、注意すべきことをまとめました。

オートロックのメリット

メリット
  • セールスとか勧誘が減る
  • 玄関を開けずに対応できる
  • 多少の安心感はある

セールスとか勧誘とかが減ったのはとても嬉しかったです。もし来たとしても、玄関で対応しなくていいので気分が楽です。

オートロックのデメリット

デメリット
  • 家賃が割高になる(約5,000~10,000円程度)
  • 安心して防犯意識が薄くなりがち
  • 100%不審者の侵入を防げるわけではない
  • 住人の後についていけば簡単に入れる
  • 暗証番号式だとあまり意味がない(知ってる人が開けれる)
  • 世帯数が多いと、オートロックの意味があまりない(出入りが多いから)
  • オートロックは裏からの侵入が簡単にできてしまう建物が多い
  • マンション周りの壁が低くいと、簡単に乗り越えられる
  • オートロックの鍵を忘れると閉じ込められる

多少の安心感はあるけど、入ろうと思えば入れちゃいます。たとえオートロックでも、自分で防犯対策はきちんと行うことは必要だなと感じました。

実際にオートロックの物件に住んでから、空き巣の未遂事件みたいなことがありました。

【一人暮らし】私が行った12の防犯対策。空き巣未遂に遭遇した話。

2019年8月14日

家賃関係なく単純に防犯面を意識してお部屋を選ぶのであれば、女性限定の物件だったり、大家さんが1階に住んでるようなお部屋を選んだ方がいいと思います。

【体験談】オートロック付きのお部屋


新社会人になった時、私はオートロック付きの物件を選んだ。


「女性の一人暮らしなら、やはりオートロック付きが安心ですよ」


不動産の人もそう言ってたし、私も薄々そんな気がしていた。


これからは、この最先端の防衛設備に守ってもらえるんだ。


そう思うと、もう怖いものなんて何もなかった。


引越しの当日。


荷物を預けた業者さんは、私よりも早く現地に到着していた。


「とりあえず、お荷物を2階の玄関先まで運んでおきました」


「ああ、オートロックは管理人さんに開けてもらったんですね~」


業者さんの手際の良さに感心しながら私がそう聞くと、


「いえ~、自分で柵を越えて中から開けました」


今年一番のドヤ顔で業者さんは答えた。


よく見るとオートロックの横には柵があって、


越えようと思えば普通に越えられる作りになっていた。


あれ?オートロックの意味は??


ある日の夜、私は無性にアイスクリームが食べたくなった。


幸いなことに、家の近くにはアイスクリームの自動販売機がある。


小銭とカードキーをポケットに入れ、意気揚々と部屋を飛び出した。


アイスを買ってオートロックの前に戻ってきたところで異変に気付く。


私が持ってきたのはオートロックのカードキーではなく、


マツモトキヨシのポイントカードだったのだ。


完全にやってしまった。部屋に戻れない…。


業者さんみたいに柵を越える?


いや、こんな夜遅くに…どう考えても不審者だ。


もし誰かに見られて通報されたら大変なことになる…。


右手にはセブンティーンアイスのクッキー&クリーム、


左手にはマツモトキヨシのポイントカードを握りしめ、


オートロックのガラスに映る私の姿は見るも無残だった。


しばらく私が途方に暮れていると、救世主が現れた。


それは何度か見たことがある住人だった。


さかなクン似の大学生が、コンビニ袋をぶら下げて帰ってきたのだ。


彼は私のことなど気にも留めず、カードキーを使いオートロックの中に入っていった。


私は何事もなかったかのように、その住人の後を追いオートロックを突破した。


彼は「やあ」とも「じゃあ」とも言わなかったし、「ぎょぎょぎょ」とも言わなかった。


だけど間違いなく彼は、私の中の「本日のMVP」だった。


数自体は多くないけど、


たま~に訳のわからないセールスマンが、


いきなり部屋の玄関までやってきた。


オートロックに対する私の感想

必須ではないけど、ないよりはあった方がいい