引越しの前後に必要となる手続きのリスト

引越しの前後に必要となる手続きのリスト

お部屋探しで理想的な物件を見つけ、引越業者さんに荷物の運搬をお願いして、「これで新しい生活を迎えられるね」とホッと一息つきたいところですが引越の前後には様々な手続きが必要です。

新生活が始まった後に色々と面倒なことにならないように、手続きが必要なものは一つ一つ片付けていきましょう。ここからは、手続きを行う時期別に「済ませておくべきこと」を紹介していきます。

引越しの1週間~2週間前に行う手続き

住民票の移動する(転出届けを出す)

引越し前の地域にある市役所に行き、転出届けを出すことで転出証明書をもらえます。この転出証明書は、引越し後の転入届を出すときに必要なので、早めに手続きを済ませておくことをお勧めします。

この転出届けは、引越し予定日の14日前から提出することができます。なお同じ市区町村への引越しであれば、転居届けを出すだけで、転出届や転入届けを提出する必要はありません。

郵便局の転居届けを出す

郵便局に備え付けてある転居届け用紙に必要事項を記入して提出すれば、引越し前の住所宛の郵便物を新しい住所に転送してくれます。1年後に同じ手続きをすれば、転送を継続することもできます。

転送開始日は自由に設定できますが、登録には3日~7日くらいかかるので余裕を持って早めに提出してましょう。

固定電話を新設する

家に固定電話を置きたい場合は「116」に電話をすれば工事の予約を申し込めます。電話は携帯(スマホ)で十分という方は必要ありません。

引越しの1日~3日前に行う手続き

ガス会社に連絡しておく

自分の部屋のガス会社(都市ガスorプロパン)を確認して、事前にそのガス会社に入居日を連絡しておきます。入居日当日にガス会社の人が訪れるので、本人立会いのもとでガスの元栓を開けてもらい、ガスを使用できるようになります。

電気会社に連絡しておく

電気はすぐに使えることが多いですが、契約する電気会社に利用開始日の連絡はしておきましょう。入居日当日に電気が点かない場合は、おそらくブレーカーがオフになっているので、ブレーカーを上げて通電させてください。

水道局に連絡しておく

不動産から指定された水道局の営業所に連絡して入居日を伝えておきます。これで入居日には使用できるようになっているはずです。初めて使うときは水道管内に溜まった水を流してから使用するようにしてください。

引越した後に行う手続き

転入届けを提出する

新しい住所(引越し先)にある市役所にいって、所定の書類に必要事項を記入します。手続きには身分証明書、印鑑、転出証明書が必要です。

なお、転入届けの提出期限は引っ越した日から14日以内となっているので、忘れないように済ませておきましょう。

運転免許書の住所変更手続き

車やバイクなど運転免許を所持している場合、警察署の交通課にて変更手続きを行います。手続きの際には住民票、免許書、写真1枚(※都道府県が異なる場所に引っ越した場合)が必要なので忘れずに準備しておいてください。

その他の住所変更手続き

他にも住所変更の手続きが必要なものは引越し後に済ませます。例えば、銀行や保険会社、クレジットカード会社、携帯電話会社など、変更手続きが必要なものは何があるか自分の身の回りを確認しておいてください。

新聞の申込みをする

新聞を定期購読しようと思っている方は、各紙の販売所に連絡するかネットで申し込みます。社会人であれば情報収集によいかもしれませんが、学生はお金に余裕が無ければ必要ありません。勧誘はきっぱり断わりましょう。

関連記事

ピックアップ記事

その引越し業者は本当に安い?見積もりサイトの活用術

その引越し業者は本当に安い?見積もりサイト活用術

新しい住居も決まって引越し業者を探そうと思ったときに、どの業者に依頼すればいいのかわか…

おすすめ記事

シェアするボタン

ページ上部へ戻る